メンズサングラスの人気ブランド7選!これさえ選べば間違いなし!

お洒落なファッションと言えば、小物にもこだわりたいですよね。
そんなどんなシーンにもカッコよく決めてくれる、メンズのおすすめ小物にサングラスがあります。
日差しが強くなる5月以降、車に乗るときや外出する時にサングラスがあるととても便利です。

でもサングラスも色や形が色々あって、どれが良いか迷ってしまいますよね。

そこで人気のサングラスブランドやおすすめサングラスをご紹介しますので、是非参考にして下さい。


こちらの記事もどうぞ
人気のレイバン (Ray-Ban)サングラス メンズのおすすめはコレ!


スポンサーリンク




今人気のサングラスのブランドはこれ!


サングラスもいろいろな有名ブランドがあり、それぞれ特徴があります。
人気のサングラスブランドを紹介していきます。


セイバー(SABRE)





マットブラックのウェリントン型のサングラスです。
ユニセックスの大きなレンズが特徴的です。
レンズカラーは王道のブラックになっていて、カジュアルなシーンによく合うお洒落な形です。
海外のブランドですがジャパンフィットシリーズを選べば、日本人の顔に合った設計になっています。





メタルフレームの、ラウンド型サングラスです。
レンズはUVプロテクション加工100%なので、日差しの強い日でもよく見えますね。
個性ある形と、シンプルなフレームがマッチしています。



レイバン(Ray-Ban)





ブラックフレームの、ウェリントン型のサングラスです。
日本人向けになった大きさなので、サイズ感もぴったりです。
両端のロゴマークが、お洒落ですよね。
スタイルを選ばないシンプルなデザインで合わせやすいです。





ゴールドメタルフレームの、ティアドロップ型サングラスです。
ゴールドのフレームが高級感がありますね。
軽くて掛けやすそうな、メタルフレームです。
レンズはガラス素材で、紫外線を99%以上カットしてくれます。



ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)





ブラウンのフォックス型フレームの、サングラスです。
レンズのスモーク感がシックでカッコいいですね。
ロゴマークが細かな場所にまで描かれていて高級感があります。
光の透過率が33%と、少し暗めのレンズになっています。





ティアドロップ型フレームのサングラスです。
フレームとレンズのカラーに統一感があり、まとまった印象になりますね。
柄の部分に描かれたロゴマークがお洒落です。



カレラ(CARRERA)





メタルフレームの、ティアドロップ型サングラスです。
レンズはグレーのグラデーションになった、シンプルで男らしいデザインになっていますね。
メタルフレームなので軽くて掛けやすそうです。





フレームがの形が特徴的な、ティアドロップタイプのサングラスです。
グレーのグラデーションレンズになっています。
紫外線を99%以上カットしてくれるので、アウトドアにも向いています。


スポンサーリンク




ブルガリ(BVLGARI)





メタルフレームの、ティアドロップ型サングラスです。
メタルとブラウングラデーションの2種類の素材のフレームになっています。
さりげないグリーンのレンズがお洒落です。
光の透過率が10%と低いので、視界も見えやすいです。





ブラックフレーム、シールドタイプのサングラスです。
レンズはスモーキーグラデーションなっています。
両端のモチーフがカッコよく、シルバーの配色で高級感がありますね。
光の透過率は18%なので、視界を妨げません。


グッチ(GUCCI)





クリアなパープルフレームのスクエア型のサングラスです。
フレームの両端の、グッチのロゴマークがカッコいいデザインです。
クリアなパープルのフレームに、グレーのレンズが大人っぽいクールな印象を与えてくれます。





ブラウンのフレームのスクエア型サングラスです。
柄のクロスデザインが、グッチらしいクールな印象になっています。
レンズはブラウンのグラデーションになっています。
両端のロゴマークが派手な仕上がりになっていて、存在感があります。



クロエ(Chloe)





シルバーフレームの、ティアドロップ型サングラスです。
ユニセックスタイプで、シンプルな作りになっています。
両端に描かれたロゴマークがカッコいい、ワイルドな感じの仕上がりになっています。
レンズや柄の接合部がレザーになっているのがポイントです。



人気ブランドのサングラスをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

サングラスとひとくちに言っても、形や機能性もさまざまありますよね。
是非お気に入りのブランドのサングラスを見つけて、普段のお洒落に取り入れてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ