【子供用】花粉症メガネのおすすめをご紹介!可愛くて機能も充実!


今や国民病である花粉症、お子様でも珍しくはありません。
3月になるとマスクをしている子供がすごく増えますね。

マスクに比べて、花粉対策メガネはまだあまり浸透してないですが、今はデザインも豊富でお子様でも抵抗なくかけられるものが沢山あります。
子供用の色々な花粉対策メガネを集めてみました。


こちらの記事もどうぞ
花粉症メガネのおすすめはコレ!おしゃれなデザインで機能も抜群!


スポンサーリンク




子供用花粉症メガネのおすすめ商品


子供用花粉症対策メガネのおすすめ商品を人気ブランドを厳選してご紹介します。
また運動をするお子様用の花粉症メガメもありますよ。
※ここで記載している花粉カット率は個人によって差があります。


JINS


自然なメガネに見えるフレームとすぐれたフィット感が特長です。
ノーズパットとテンプル(かける部分)エンドはラバー素材で調節可能です。
裸眼に比べて花粉を98%カットします。



花粉症 メガネ 子供
参照元URL:http://www.jins-jp.com

レッドのフレームはキッズ向けならではのキュートさですね。



花粉症 メガネ 子供
参照元URL:http://www.jins-jp.com

知的な印象のブラウンは、男の子や大人っぽい子におすすめです。
キッズ向けは他にブルー、ピンクの4色展開です。
度なしは3900円、度付きは5900円から(全て税抜き)です。


Zoff


伊達メガネのようなデザインが、おしゃれなキッズにもおすすめです。
ノーズパットが調節可能で顔にフィットするデザイン、子供用(Sサイズ)には、テンプルに安全性を考慮したラバーフードを採用しています。
花粉カット率は92.3%です。



花粉症 メガネ 子供
参照元URL:https://img.zoff.co.jp

シンプルなスクエア型は眼鏡初心者にもおすすめです。他にブルーもあります。



花粉症 メガネ 子供
参照元URL:https://img.zoff.co.jp

子供が喜びそうなキュートなディズニーモデルです。写真のブラウンの他、ピンク、ブラックの3色展開です。
度なしは3000円、度付き加工+3000円~、度付曇り加工+5000円~(すべて+税)です。


サンリオ





ハローキティの花粉対策メガネです。
キャラクターは子供が好きなので喜ばれると思います。
UVカット、曇り止め加工付で1200円(消費税・送料別)です。




マイメロディタイプは色味がシックです。
派手な色が嫌なキッズにもおすすめです。


スカッシー


スカッシーは名古屋眼鏡㈱の花粉対策メガネのシリーズです。
20年以上の実績があります。
種類も多く、用途に合わせてえらべます。
すべて曇り止め加工、UV加工がほどこされています。





スカッシースマート2シリーズは、ツル部分を柔らく、かけ心地を良くしました。
初めての花粉対策メガネにもおすすめです。
定価1400円(税別)です。





スカッシーセーフティは、柔軟性にとんだシリコンをフードに使用することで、肌に優しくフィット感も優れています。
万が一の衝撃に対しても和らげる働きがあります。
度付きレンズに交換可能です。
定価3000円(税別)です。


スポンサーリンク




スポーツ用(メガネ、ゴーグルなど)





弾力性のあるフレームを採用したキッズ用スポーツゴーグルです。
ゴーグルなのでスポーツ用の激しい動きにも対応し、ボールなどの飛来物から目を守る役割もあります。
眼鏡、コンタクトの上からも着用可能で、度付きレンズへの交換も専門店にて対応しています。
価格はメーカー希望小売価格12,960円(税込)です。






形状がラウンド型で顔にフィットする作りになっているスポーツ時にもおすすめのメガネです。
UV紫外線カット、防曇コート付きで、耐衝撃性の素材を使用、耳かけ部分はラバー付きで滑るのを防ぎます。
1970円(消費税、送料込み)です。


その他のブランド





子供用ではめずらしい、グリーンのフレームがおしゃれですね。
レンズはUVカット加工で、上下に保護カバー付ですが、透明なので目立ちません。
オープン価格で2600円(税込、送料別)





UV加工、保護カバー付で1030円(税込、送料別)の低価格がうれしいですね。
いざ購入してからつけない、なんてことを防ぐのに、お試し用にもおすすめです。


いかがでしたか?

マスクだけじゃなく、メガネでも花粉対策をすることで、かなり軽減されます。
実用面はもちろん、デザインや色でもいろいろかわいい種類のメガネがありますので、是非お子様のお気に入りを見つけてあげて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ